止水プラグと下水道カメラ

従来除細動器は医師等の専門家のみが使用できたが平成16年(24年)フ月からは一般市民でも扱えるようになった。そのために機器も自動化され使い方も機器音声による指示通り行えば誰でも使える。
 
止部の交換清掃が容易な止水プラグはパッキンが組み込まれたプラグです。
 
時間的制や地下埋設物の支障移設等により工期が長期間になる。ことから既設管きょを最大限に活用して工事期間を短縮しコスト縮減にも寄与する。更生工法を積極的に採用し度現在の進捗としてはの改築更新が完了している。
 
状況を残念に思う多くの市民が集い、地域の行政、住民、企業、学識経験者などで構成されたのが海老川流域水循環再生推進協議会です。この協議会で、海老川流域水循環再生構想を1998年に作成し、それを実行するため、1999年に「水循環再生行動計画」が作られました。
 
下水道カメラの測定装置は従来からあるまさに耳かきのおイヒけとも言うべき「音聴棒」、そのほかにも[電子式漏水発見器]や「相関式漏水発見装置」などの機器があります。特に音聴棒による漏水箇所の特定です。

カテゴリー: 止水プラグ 押し込みカメラ 距離   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>